銀河かにたま伝説

EVE ONLINE で活動中のかにたまの成長を見守る

#17 ケミカルラボへ行く

f:id:kanitamaJP:20210222095044p:plain

 

こんにちは、かにたまです。

上の求人票を見てください。

これはですね、典型的なブラック求人ですね。

 

見分けるポイントは3つ!

1.未経験者で1000万ISKを貰える業種ではない(=報酬がおかしい)

2.勤務地の詳細がない(=モルデンヒースのローセクかもしれません)

3.コンプライアンス違反の臭いがプンプンする

(=秘密保持契約は通常あり得ますが、サインだけでいいものではありません。

あくまで『契約』ですので内容を確認し両者が合意する必要があります。)

 

企業名などでその背景にある会社をすべて把握することは難しいです。

私の聞いたことのある言葉で最も印象に残っているものが、

「ミスで会社はつぶれないが、コンプライアンス違反で会社はつぶれる」です。

この意識の低い会社に対して滅私奉公などしないようにお気をつけ願います。

 

はい本題、

ガスの話題が先日ツイッターで出たんですが、

『ガスサイト』は一概に採取機を使って吸うだけじゃないんですよ。

 

『chemical lab(ケミカルラボ)』なるガスサイトがあるのです。

〇〇〇流通施設、〇〇〇生産施設などなど。

これって何を作ってるかというと、コンバットブースター(=麻薬)です。

サイトセロシンやミコセロシンを原料に現地の海賊が麻薬を作ってるんです。

はい、

「アットホームな職場が

実は麻薬を作ってました。

私はそんなこと知りませんでした。」

これは言い訳として通用しませんね。

ギルティ!ってやつです。

 

 

このシグネチャとしてはガスサイトなのですが、中身はハッキングサイトです。

このサイトは敵がわいてます

敵はフリゲートから、セントリーから、巡洋艦、戦艦などなど。

敵が大量にいる中で、データアナライザを使用してハッキングをかけるのです。

ですから対策をせずに突っ込むとまず間違いなく落とされます。

 

あんまり記載しても面白みがないのでぼかしますが、

この中で危険なのは2つフリゲートとセントリーです。

理由はデバフで致命的なのはニュート・ステイシス・ワープ妨害。

ニュートはタンク性能およびワープによる離脱、

ステイシスは速度低下による被弾の上昇、

ワープ妨害はいわずもがなです。

何回かサイトの内外を出入りすることになるかと思います。

その際に邪魔になるニュートとワープ妨害は優先、

箱空けまでにはステイシスの処理を行っておいてください。

 

1つのサイトを攻略するのに30分~1時間半(ニュートがめんどい)

報酬は50m~250mくらいなのかな。お高いスキル本が出ます。

フリゲートならスーペリアスリーパーキャッシュに負けず劣らずの報酬になるので、

個人的にはとってもオススメのサイトです。

 

このケミカルラボ、

EVEonlineの百科事典たる「EVE university」 さんでも結構歯抜けの記事多いんです。

未知の部分が多いので自己責任!でお願いしたいと思いますが逆に言うと、

情報がない分穴場ってことなんで自分なりのアプローチを見つけてほしいと思います。

 

一応参考までに、

<ケミカルラボのカテゴリー(これ以外にも記事の無いサイトはあると思います。)>

https://wiki.eveuniversity.org/Category:Chemical_Labs

 

それではよきガスライフをo7

 

<私の所属する会社案内(日本人向け初心者コープ)>

blog.caladrius.info

 

#16 PGR(プゲラ)

「大変ですよ」

「ブログを書いてるのにコーポの探検勝負で最下位を取った人がいるんです」

 

『なんてやつだ、EVEブロガーの恥さらしめ!どこのどいつだ』

 

「それがですね、かにたまさん.....なんですよ。」

f:id:kanitamaJP:20210206094730j:plain

 

こんにちは、かにたまです。プギャ――m9(^Д^)――!!

 

さて、本日はこんな私がお伝えするのもお恥ずかしいお話です。


Japanese wikiさんはEVEをプレイするうえで非常に便利なサイトです。

船個別紹介のページには参考Fitが記載されており、

とても参考になるし私もちょくちょく利用させていただいております。

ただしどーしても気になるページが1つ。

eveonline-japanwiki.com

 

みんな大好き「ヘロン」のページのFitです

ここのミディアムスロットに「Cargo Scanner I」が差し込んであります。

これの意図としては、

「ハッキングする前に中身を確認していいのだけ開けようね」

ということを意図しているのではないかと思います。

 

これね、探検家としてはやめてほしいんです。

探検家だけじゃなくてヌルやWHの現地民もやめてほしいと思ってると思います。

探検家目線からですがどうしてやめてほしいかというと、

「後に来た探検家を少ない時給で、危険にさらす」行為だからです。

 

どうしてかといいますと、

箱を全部開けないとサイトが残ったままとなり

時間によるデスポーンによって消えるまで新しいサイトがスポーンしません。

つまり、中身がカスなサイトがずーっと残ってしまうんですね。

 

そのシステムへ新しい探検家がやってきました。

スキャンを始めたところ遺跡サイトが残っていました。

早速向かったところ虫食い状態です。

(=おいしい宝物はすべて持っていかれている後です)

これ、結構殺意わくんですよね。

 

探検家は多かれ少なかれリスクを背負って探検に出ています

リスクに対してのリターンが大きいからこそ探検が成り立つのであって、

リターンが少ない探検を好んで行うのは、リスクジャンキーだけです。

EVEにおいて別に他人を慮ることは絶対ではないと思いますけど、

同業に対してはある程度敵愾心とともに敬意をもって接してほしいなと思う次第です。

 

 

話が長くなりました。結局何が言いたいか!

Wikiのfitから、

OUT「Cargo Scanner I」

IN「Scan Rangefinding Array I」

※スタックペナルティがあっても気にしないで差し込んでください。

後々ペナルティがあっても差し込むケースが出てきます。

 

カーゴスキャナーは船のカーゴに2個突っ込んでおいて、

ゴーストサイトを発見したら近くのステーション、またはモバデポで換装。

箱の中身を確認してゴーストサイト攻略に役立ててください。

 

以上、負け犬の遠吠えでした。

 

<アワレな負け犬がいるコーポはこちら>

プギャーしに来たっていいんだぜ。プギャ――m9(^Д^)――!!

blog.caladrius.info

#15 ガス吸い実践(サイトセロシン編)

こんにちは、かにたまです。
おまたせしました!ガス吸いの実践編です!
待ちました?待ちましたよね?

f:id:kanitamaJP:20210129151433j:plain

そうですか、仕方ないですね。
それでも宣言した以上、書かせていただきます。


今日はガス吸い実践編です。
EVEonlineで「ガス」と呼ばれるものは二つに大別されます。
ブースターガスとフラーレンガスです。
ブースターガスはさらに二つに大別されます。
フラーレンガス吸いに関しては、
私の敬愛するJitaの穴さんが解説しておりますので、下記のリンクを参照してハッピーガスライフをお過ごしください。

jitanoana.blogspot.com




私はもう一方のブースターガスの高い方、
サイトセロシンについてお話したいと思います。
このガスの単価はめっちゃ高いです。『単価で』80,000iskしたりします。
ガス採掘機を二台積みで回すと一回あたり8個取れます。
約30秒ごとに640,000isk、1分ごと1,280,000isk、1時間で76,800,000isk(あってるこれ?)
ハッピーになれます。

しかし、このサイトセロシン。
非常に厄介なガスでして採掘が手間です。
1.特定地域にしか産出されない(ヌルセク以外では埋蔵量が少ない)
2.リージョンにより採れる種類が異なる
3.ガスサイトの種類によって、
敵がスポーンしたり、採掘するとダメージを受けたり、あるいはその両方だったりと使用が異なる。

とまあ、高いだけの理由はあります。
どのリージョンから産出され、どのサイトに敵が出るのかは下記URLをご参照ください。
<EVE-UNI>
Gas cloud harvesting - EVE University Wiki


f:id:kanitamaJP:20210114132928j:plain
何?サイトが英語で読めないだと?

この情弱野郎め!今ではグーグル先生がク〇レ脳ミソの貴様に代わって翻訳してくれる。

実際のサイトの名前と翻訳名が違う場合はなんとなく雰囲気で察するか、

EVEの設定を英語にし、グーグル先生も英語にして照らし合わせろ!

ただし再起動の必要に迫られるから察するほうがオススメだ。わかったかイモ野郎!



狙うガスサイトは敵の出ないサイトです。敵が出るサイトはあきらめましょう。
(nullの現地民の方々はNPCを狩れば吸い放題です)
実はスキャン難易度がⅣとかあるので先に探検船でスキャンが必要になると思います。
※ココ大事!テストに出るし何よりのポイントだと思います。船が2隻、ベンチャーと探検船が必要。

ダメージに関しては、
採集機のサイクル完了後にダメージ判定がありそれぞれ属性レジスト可能です。
ベンチャーのfitをいじくるだけで十分にタンクできます。
中型シールドエクステンダーを2枚指し(パワーグリッド増設modつけるんやで)+回復用シールドブースター、
リグでEMとサーマルのシールドレジストをあげておき、
2500以上のHPにしておけばよっぽど運の悪い探検家以外は大丈夫だと思います。


あとはローカルとDスキャンに気を付ければ、
通常のガス吸いとなんらかわりません。


しかし、吸うだけなら誰でもできます。
これをいかにして持ち帰るか?が何より重要です。
ここからは少しだけ考えてほしいと思います。

どうして探検の片手間でガスを吸うのか?
現地の人は知らなくて、
あなただけが知っていることはないのか?

f:id:kanitamaJP:20210129150356j:plain
(上記の画像に意味はございません。)

それでは、ハッピーガスライフ o^


<所属コーポのご案内>
blog.caladrius.info

#14 ガス、ダメ、ゼッタイ

『君、職業は?』

「あ、はい探検家です」

『ふーん、探検家ねえ。』

「はい!見てくださいこのヘロン、素敵でしょう」


f:id:kanitamaJP:20210120004002j:plain


『そうだねぇ、ちなみに君さ、ベンチャー>持ってるよね?

「(えっ!?)は、はい持ってます。気晴らしに採掘くらいするでしょう?それが何か?」

『そっか採掘か。でもさ、君のベンチャー<ガス雲採集機>ついてるよね?それも2個

『君、やってるね?



こんにちは、かにたまです。
個人的なことながら『BABYMETAL』が好きです。
歌上手なんですよね。マジで。


さて、本日はガス採掘(ガス吸い)についてお話したいと思います。

ガス採掘ってカテゴリーとしては微妙で、
採掘というくらいなので採掘か?と言われると採掘屋さんはあんまり掘ってなく、
スキャンプローブ使うので探検か?と言われると探検家さんもあんまり掘ってない。
好きなのは戦士か?魔法使いか?いえ、勇者です
のような非常に中途半端なイメージがあります。

前書きはいいから儲かるのか?
→はい、儲かります。ただしいくつか条件(関門)があります
1.ガス採掘のスキル本が高い
2.探検の片手間に行う
3.ワームホールや低セキュリティ探険での被撃墜率が低い

上記の3点をクリアできれば儲かります。

説明します。

1.ガス採掘のスキル本が高い
めっちゃ高いです。39m とかします。
ベルドスパー何万個やねん?
ハッキング何回分やねん?
この第一の壁を乗り越えてガスの道は開きます。

2.探検の片手間に行う
あくまでメインは探険です。
ワームホールなんかで探検のためにスキャンプローブを飛ばしていると、ガスサイトはあっさり見つかるはずです。スキャンちょろいっすから。
ですがやはり時間辺りの効率は遺跡やデータサイトをハッキングした方が高いですのでそちら優先です。

3.ワームホールや低セキュリティ探険での被撃墜率が低い
ガス採掘と言えばベンチャーと言われてるらしく、
船は大した金額ではないのですがガス採掘機が高いです。
T2と呼ばれる上位品を二つ載せると15mくらいになってしまいます。
これを毎回撃墜されてたら儲かるどころか赤字です。本業に響きます。
さらに遮蔽をつける余裕がないので低セキュリティでの採掘はハッキング以上に危険です。何しろ一ヶ所にとどまる時間が比じゃないので。
探検での撃墜率が高いうちは手を出さないほうが賢明かと思います。


探険で安定的に稼ぐ土台作り、稼いだときにはより深く稼ぐ、
そんな感覚です。

前段が長くなり恐縮です。
次回は実践編にいきたいと思います。

次回まで fly safe o7


<所属コーポのご案内>
blog.caladrius.info

#13 思い立ったが吉日

 

f:id:kanitamaJP:20210114132800j:plain

わたしが訓練教官のかにたま先任軍曹である!
話しかけられたとき以外は口を開くな!
口でクソたれる前と後に“サー”と言え!
分かったか、カプセラども!

『サー、イエス、サー』

ふざけるな!大声をだせ!インプラントついてるのか!!

『サー、イエス、サー』

貴様ら新米カプセラが俺の訓練に生き残れたら探検家としてフツーになれる!

その日までは”自称探検家”だ、ニューエデンで最下等のカプセラだ!

貴様らはT1フリゲート乗りではない、最初のコルベット以下の値打ちしかない!

 

『2か月でいっぱし気取りかよ?』

だれだ!?

言ったのは貴様かクサレ探検家?

ふざけやがってこのコメディアンが!

f:id:kanitamaJP:20210114132858j:plain

 

どうして探検家になった?

『稼ぐためです』

金策としての手段かいいだろう、

戦利品をゲートキャンプで失った時の顔をしてみろ!

こうだ!やってみろ!!

f:id:kanitamaJP:20210114132906j:plain

Ahhhhhhhhhhhhhh~~~~~~~~~~~!

貴様には失った時のショックと気構えが足りん、

マップの1時間以内の撃墜数

マップの過去30分以内のシステム内の人数は常にチェックしておけ!

ヌルセクからロー・ハイへの一本道を通って帰ろうとするなウジ虫が!!

『Ahhhhhhhhhhhhhh~~~~~~~~~~~!』

 

f:id:kanitamaJP:20210114132928j:plain

貴様、ローセクやヌルセクに探検に行くのをビビってるらしいな?

『サー、イエス、サー』

ロー、ましてヌルセクは1つ当たりの稼ぎが多いのをわかってるのか!

『サー、イエス、サー』

玉ナシ野郎め、低セキュリティで撃墜されるのはそこにプレイヤーがいるからだ

ローカルチャット誰もいなければプレイヤーに撃墜されることはない

誰かいてもSSを作り、常にDスキャンなどで何に乗ってるかを把握して、

サイトに飛んでくる可能性が低ければそのまま探検続行も可能だ!

戦闘プローブを見逃したり、NPCに刈られるグズなら基礎知識からコーポ内で聞け!

 

 

f:id:kanitamaJP:20210114142514j:plain

『僕はアステロに乗って、遮蔽装置もつけてるんだぁ~』

ふざけやがって、船名は「Can't catch me」か??

貴様のようなアステロに乗った煽り厨が最も執拗に狙われるんだ!

サイト外で捕まるようなグズ野郎はともかく、

貴様が過信している遮蔽装置は万能ではない!ハッキング中は無遮蔽状態だ!!

自分がアステロに乗っているからと言ってうぬぼれて、

GC・ローカル・Dスキャン・マップ・ハッキングなどの基礎知識をないがしろにすれば

あっさり落とされる。覚えておけクズ肉!

 

 

f:id:kanitamaJP:20210114132936j:plain

いかカプセラども

好きな船に乗ればいいが、最初に探索用T1フリゲートを奨めるのは安いからだ。

安いが基礎の練習にもなるし、乗りこなせば落とされることも少ない。

それについてわが社の社長が、

「使用用途によって、船を乗り換えるのは当たり前」という割と名言を残している。

 

<安いこと>自体が大きなアドバンテージだ!

日本人あるあるの「高くてよいもの」を無理に乗りこなそうとすると損害が増える。

闇雲に高い船を乗り回すのはスクールゾーンでフェラーリを乗るようなものだ。

性能を活かしきれないどころかイタズラされかねない。覚えておけ!

 

 

ヌルセクやワームホールに飛び込んで大量の戦利品を取得することもあるだろう。

だがいいか!それを持ち帰り、売り払うまでが探検だ!!

取得した段階では自分のものになっていないという認識を持て!

ハイセクだからといってオートパイロットで商都に向かおうとするなウジ虫!!

商都に帰ろうとしている探索船がいたらどう思うか想像してみろ!

貴様のようにハイセクだから安全だと思って油断しているグズが一番のカモだ!

戦利品が無くなるならまだしも、拾われて現金化され、Kamikaze資金にされるぞ!!

f:id:kanitamaJP:20210114132952j:plain

 

 

 

f:id:kanitamaJP:20210114133001j:plain

色々厳しいことを言ったが、貴様は一人ではない。

日本語CHや、所属コーポで相談すれば色々と助けてくれるはずだ。

せっかく同じゲームをやっているもの同士、仲良くやっていこう。

私が所属している日本人コーポの案内リンクを貼っておく。

遠慮なく入社してくれ!

blog.caladrius.info

 

 

f:id:kanitamaJP:20210114154036j:plain

ぎゃあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

※ほぼ悪ノリで作りました。ごめんなさい。

#12 君子危うきに近寄らず

こんにちは、かにたまです。

さてそろそろ12月に始めた皆様も、
数々の洗礼をうけてきたものと思います。

私の所属している日本人向け新人コーポもまだまだ募集しているのでお気軽にお声がけください。

Caladrius Hive 会社案内>
blog.caladrius.info


さて本日のタイトル、
「君子危うきに近寄らず」ですが英語で言い換えると
ーDiscretion is the better part of valor.ー
(用心は勇気の大半を占める)
ウィリアム・シェイクスピアの劇の一説が元ネタのようです。
シェイクスピア半端ないって、劇書けば名言ばっかやもん。そんなんできひんやん普通)

何が言いたいかというと、
「やられるにはやられる理由がある(因果応報)」
ということをお伝えしたいなと思います。


コーポ内の会話でよくあるのが撃沈報告。
私はこれが結構好きで、他人の不幸~というより、
なぜやられたか?の検証、考察になるからです。
コーポ内で見てくれてる人もいるのであまり深くは書きませんが(笑)、
「あー、それはやられますね」とか、
「やられた理由がはっきりしないなー」とか、
「勉強になるわー」とか、
一人でアレコレ考えながら真剣に見てます。

最近捕まっている人が多いので、例としてKamikazeやゲートキャンプの私なりの避け方。
これを避けるために外部ツールもあるようなのですが私はとりあえずマップに備わってる機能を使います。

マップ → 上部の歯車マーク → 統計 →1時間以内に撃沈された船の数
を、選ぶと各システム内で撃沈報告された船の数に応じてマップ上のシステムの丸の大きさと色が変わり、
撃沈数が多いほど丸の大きさが大きく、赤に近い色になります。
つまり、赤に近いところは何らかの理由で危険地帯なわけです。単純にこれだけで判断しているのではありませんが、指標の一つにはなります。

次に向かうところが危険地帯なのか否かが
分かっているのか、いないのか
ゲートキャンプをしているところに飛び込めばどうなるかは火を見るより明らかです。
撃沈されるのはその条件と原因を自分でそろえているとも言い換えることができます。


「君子危うきに近寄らず」
出会ってしまったらどうするか?を考える前にそこに近づかなければ良いのですから、
出会わないようにするにはどうするか?を考えたほうが取り得る選択肢の幅も広がります。
だってゲートキャンプに突っ込んだらやれることなんて1個か2個でしょう?


結果に対しての原因は必ずあります。
私の考えるこのゲームの非常に面白いポイントが
「結果に対する原因の殆どは自分に帰着する」という点です。運ゲーの要素が非常に少ない
これってストイックに感じられそうですが逆で、
「自分次第で結果はいかようにも変えられる!」
というすっごくポジティブなことなんです。

私は11月に始めたばかりのいわゆる新参者で、
知識・経験という意味ではまだまだゲロ甘な部分もございますが、
ある意味こういった他人との心理的な駆け引きは大好きです。
それは大いに活かされているんじゃないかなーと思っています。

また、上記は私の主観であり、個人的な意見です。
決してやられた人を貶めたり、小馬鹿にしているわけでは決してありません。
私自身何回もやられたうえでの経験として記載しております。悪しからず。

それでは、fly safe o7

#11 奥が深いぜDスキャン(素人目線編)

こんにちは、かにたまです。

本年も何卒よろしくお願いします。
(12月中旬には記事書いてたのに年明けちゃった)


〈所属コーポの案内はこちら〉
Caladrius Hive会社案内 - -000- 報告書 EVE ONLINE
https://blog.caladrius.info/?page_id=5399


先日の記事に訂正がございます。
遮蔽めっちゃ便利!トイレに行けるもの!!
私の浅慮を訂正してお詫びします。

さて本日は、奥が深いぜDスキャン(素人目線編)です。

「Dスキャンって何?」
ええ、そうでしょう。
Dスキャンを使えなんてチュートリアルにありませんでしたからね。
ですが、最重要、超重要なものですので必ず覚えてください。

Dスキャン(指向性スキャン)を簡単に言い換えると「ソナー」です。
船とかについているあれです。
デフォルトでキーボードのvキーに設定されています。
vボタンをポチッと押すと、低いボォォォンというという音とともにスキャンが行われます。
スキャン結果は指向性スキャンの項目にリスト形式で表示されます。
このDスキャンは、自分の船を中心として範囲(角度)・距離の設定ができます。
詳しくはWIKIみれ。

さてさて、長々と概要を書きましたがここからが本題。
どうしてDスキャンが大事なの?というところです。
Dスキャンを行うことによって、今どんな状況下にあり、どんな危険があるかを予測することができる
ためです。

探検家にとっては常識となっておりますが、
探検をするスポット(探検サイト)にたどり着くためにはプローブによってスキャンをかけなければなりません。
・自分が先に無遮蔽状態で探検サイトを攻略しているときにDスキャン上に、スキャナープローブと自分より強い船が映りました。
→この時点で危険です。相手は自身の情報を知り、スキャンプローブでサイトを特定しようとしています。
  →つまり、かち合っても勝てる。ないしは戦闘自体が目的の可能性があります。
    →危険回避

・システム内に先客がおり、プローブがDスキャンに映るもののいつまでたっても探検サイトが消えない。
→これも危険です。相手は遮蔽状態である可能性が高く、特定のサイト内に潜んでいる可能性があります。
  →つまり、目的はサイトの攻略ではなく。サイトに侵入してきた探検家を狩ることです。
    →危機回避

Dスキャン自体も非常に大切ですが、
それによって得られる情報から現状と未来を推察し、
いかにして危険を回避するか?
を考え出すことが探検の楽しさであり醍醐味だと思っています。

もっともっと使い方はあるのですが本日はこの辺で。

fly safe o7